同じ姿勢で作業する


パソコンをよく使うデスクワークの為に、同じ姿勢でずっと作業しているのですが、日頃からストレッチなどの軽い運動もしていませんでした。ぎっくり腰になる前日に、仕事中結構重量があるホースを持って運びました。この時に、腰に負担がかかったのではないかと思います。その夜は、遅くまで残業したのでお風呂にゆっくり浸かってから寝ました。翌日、目が覚めた途端、腰に今まで経験したことがない激痛が走りました。いつものように一人で起き上がることが出来ませんでした。介護のように、トイレに行く時は、親を呼んで手伝ってもらいながら行きました。便器に座る時は、本当にすごい激痛で涙を流しながら座りました。あまりの痛さに変な汗も出てきて立ち眩みもしてきました。整形外科に行こうと思ったら日曜日だったので、休診している所が多く探すのに手間をとりました。親が車を運転することが出来なかったので彼氏に整形外科に連れていってもらいました。

 

ストレッチを行う


腰に痛みがある時は、病院に処方してもらった内服薬を飲み、痛む場所には、病院からもらった湿布を貼ります。また、必ず一日一回でも医師に言われたストレッチを行います。ストレッチは、体を反った状態にして息をゆっくり吸ってゆっくり「1、2、3、4、5、6、7、8、9、10」と数えながら息を吐きます。これを毎日10セット行うといいですよと医師に言われました。また、重たいものを持つ時は、ものの持ち方にも気をつけて立った状態で無理に持とうとしないこと。あまりに重たい時は、無理をせず近くにいる男性などに頼むこと。デスクワークの仕事をしている人は、同じ姿勢で作業することが多いので、常に腰に負担がかかりやすいそうです。なので、ストレッチや軽い運動をしっかり毎日おこなうことが大事だと医師に言われました。ガチガチに凝り固まった筋肉をほぐしてやらなければいけないそうです。私は、普段3日坊主ですが今現在もこのストレッチは継続して毎日やっています。

関連する記事はこちら